スペーシアカスタムのグレード別装備の違いと価格について

スポンサーリンク

スペーシアは女性の子育て世代をターゲットに、スペーシアカスタムは男性をターゲットに現在売上げをのばす人気のスーパーハイト系軽自動車です。スペーシアカスタムは石原軍団のCMが強烈な程印象深いですが、シックで渋い感じは働く大人の女性にも非常に似合うと思います。そんなスペーシアカスタムが気になる方に今回スペーシアカスタムのグレード別装備の近いとそれぞれの価格差について紹介します。

快適5

スペーシアカスタムのグレードはベースグレードの“GS”と中間グレードの“XS”、ハイグレードの“TS”と全部で3つのグレードから構成されています。それぞれの装備を順番に紹介します。




まずベースグレード“GS”は車両本体価格1,412,250円です。一番のポイントにスペーシア同様、人気装備のスライドドアにワンアクションパワースライドドアが装備されていないところです。メーカーオプションの設定も無いため、パワースライドドア希望の方はグレードアップが必要になります。軽自動車でも車両本体価格は140万円を超える高額であるにもパワースライドドアが装備されていとは、非常に残念です。またロールサンシェードも装備されていません。CMでアピールしている他銘のライバル車にはないポイントの高い装備がベースグレードに設定が無いとは本当に残念です。他にも本革巻ステアリングホイール、チルトステアリング、助手席バニティミラー、運転席シートリフター、フロントアームレストボックス、フロントオーバーヘッドコンソールの装備はありません。

次に中間グレード“XS”は車両本体価格1,501,500円です。“GS”と比較すると89,250円高くなりますが、“GS”で付いていない装備が大体付いてくるので割安感があります。また“GS”では2スピーカーに対し、“XS”は6スピーカーのため音楽好きの方にも満足していただけると思います。他にもメーカーオプションで追加可能な装備が後席右側ワンアクションパワースライドドアです。スペーシアカスタムでは中間グレードの“XS”が一番のお勧めグレードです。

最後にハイグレード“TS”は車両本体価格1,627,500円と軽自動車の中ではかなりの高級価格です。“XS”と比較すると126,000円高くなりますが、ターボを搭載しており、タイヤのアルミホイールも14インチから15インチにインチアップされています。“XS”ではメーカーオプションであった後席右側ワンアクションパワースライドドアも装備されています。

快適6

スペーシアカスタムのグレード別装備と価格を考えると一番お勧めのグレードはやはり中間グレードの“XS”です。またターボ搭載の“TS”もターボでありながら驚異の低燃費26.0km/Lを実現している事から、普通車からの乗り換えの方や高速走行が多い方には“TS”もかなりお勧めできます。スズキ販売店へ行かれる時はターボグレードも試乗する事をお勧めします。

お役立ち情報
スポンサーリンク
Spaciaをフォローする
スズキスペーシアの値引き価格情報屋

コメント