スペーシア魅力は燃費だけじゃない!想像以上の軽快さで運転しやすい!

スポンサーリンク

スズキ・スペーシアは軽自動車なのに、想像以上の軽快さなのです!

その理由は・・・

 

1:パワフルな「R06型エンジン」

スペーシアのエンジンは・・・

  • R06A型 658cc 直3 DOHC吸排気VVT
  • R06A型 658cc 直3 DOHC VVT インタークーラーターボ

「R06型エンジン」なので低燃費でありながら軽快で心地よい走り。また4人で乗っても力強いパワーを発揮するターボエンジンも設定されています。

ちなみにスペックはコチラ↓

DOHC吸排気VVTエンジン

JC08モード燃費29.0km/L(2WD※後席右側ワンアクションパワースライドドア装着車を除く)
最高出力(ネット)38kW<52PS>/6,000rpm
最大トルク(ネット)63N・m<6.4kg・m>/4,000rpm

 

DOHC VVT ターボエンジン

JC08モード燃費26.0km/L(2WD車)
最高出力(ネット)47kW<64PS>/6,000rpm
最大トルク(ネット)95N・m<9.7kg・m>/3,000rpm

 

2:「副変速機構付CVT」

このエンジンに組み合わされるトレンスミッションは副変速機構付CVT。

回転部品の摩擦を徹底的に抑え、変速ショックがほとんどない滑らかな走りを生み出します。

 

3:走りをよくする「エネチャージ」

エネチャージを搭載しているので、走行中は発電機を作動させなくてすむので、その分エンジンへの負担が軽くなり、よりスムーズで軽やかな加速も生み出してくれます。

 

4:車高が高いのに安定感がある!

 

スペーシアは、フロアやヒップポイントを低く抑えた低重心設計!強化された足回りと合わせると、カーブや強い横風でも安定のある走りを実現。

 

6:坂道発進でも心配なし「ヒルホールドコントロール」

 

坂道発進時にブレーキからアクセルに踏みかえる瞬間、一時的にブレーキが作動するので落ち着いて発進できます。

 

7:狭い場所でもラクラク!

スペーシアの最小回転半径は4.2m。これはクラストップ!これで駐車やUターンも思い通りできますよね?

 

いかがでしたか?軽なのに、走りもラクラク!こんなに広いクルマなのに軽快に走ってくれるスペーシア。乗ってみたくなりますよね。気になったらスズキのお店に試乗へ。

 

お役立ち情報
スポンサーリンク
Spaciaをフォローする
スズキスペーシアの値引き価格情報屋

コメント