スペーシアの日常点検項目は所有者の義務

スポンサーリンク

スペーシアは女性の子育て世代をターゲットに様々な装備を搭載した、女性の願いをかなえた車です。ドライブをはじめ、日々の買い物や通勤、通学、子供の送迎など様々な場面で使用される事が多いと思います。そこで毎日安心安全にスペーシアに乗るためには日常点検が非常に重要です。

日常点検はドライバー自身が行える簡単な点検です。日頃から愛車を点検しておくことで、突然の故障やトラブルを未然に防ぐ事ができます。長距離ドライブの前後や洗車時、給油時など点検を行うタイミングを自身で決め、安全で快適なカーライフを過ごす事が大切です。今回は日常点検の項目について紹介します。

15

スペーシアのエンジンルームの点検

まずはエンジンルームの点検です。エンジンルームを開け、ブレーキ液量・バッテリー液量・エンジンオイル量・ウインドウウォッシャー液量・冷却水量をそれぞれ点検します。大幅に量が減るなどした場合はすぐにスズキ販売店へ連絡しましょう。

スペーシアの車まわりの点検

次に車まわりの点検です。ランプ類の点灯、点滅・タイヤ空気圧・タイヤの亀裂、損傷の有無・タイヤ溝の深さをそれぞれ点検します。ランプは付かないと整備不良となりますのですぐに交換が必要です。

スペーシアの運転席に座っての点検

次に運転席に座っての点検です。パーキングブレーキの踏みしろ・エンジンのかかり具合、異音・ブレーキペダルの踏みしろ・ウインドウウォッシャー液の噴射状態・ワイパーの拭き取り状態をそれぞれ点検します。

スペーシアの走行しながらの点検

最後に走行しながらの点検です。ブレーキの効き具合・低速、加速の状態をそれぞれ点検します。少しでもブレーキの効き具合や走行状態に違和感を感じたらスズキ販売店で見てもらってください。

収納

スペーシアの定期交換部品、エンジンオイルの役割・交換について

スペーシアユーザーであると日々安心・安全に家族や友人とカーライフを楽しむためにも日常点検や定期点検が重要なのはご存じだと思います。車は機械です。様々な部品で構成されており、定期的に交換を要する部品もあります。定期交換部品でまず真っ先に思い浮かぶのはエンジンオイルではないでしょうか。今回はエンジンオイルの役割について紹介します。

点検tennkenn

まず車のエンジンには沢山の金属が使用されています。エンジンオイルにはエンジンが回転する時に発生する摩擦を減らすための“潤滑”や金属同士が擦れ合って発生する熱を“冷却”する役割があります。その他にもエンジン内で生じる汚れを落とす“清浄”や金属同士の隙間を埋める“密閉”、エンジン内を錆から守る“防錆”といった役割があります。

エンジンをかけている間は常にエンジンは動いている状態のため常にオイルが活躍した状態です。またエンジンを一切始動しなくてもエンジンオイルは劣化してきます。料理に使用する油も同様です。一度封を開けると色は少しずつ変化してくると思います。食用油に賞味期限があるように、オイルも時間とともにどんどん劣化してきます。劣化したオイルは本来の性能を失いエンジン内の摩耗や汚れの蓄積などのトラブルを引き起こす可能性があります。そのためエンジンオイルは劣化したら新しいオイルに交換が必要となります。トラブル発生を防ぐだけでなく燃費性能にも大きく影響を与えるので定期的にエンジンオイルの交換を行ってください。

tennkenn1tennkenn2

エンジンオイルの交換時期は、もちろん使用状況によって変わります。週末のみ使用する車と通勤・通学で毎日使用する車では劣化のスピードは当然異なります。また悪路や雪道、山道といったハードな走行が多い場合や、走行距離が多い場合、短距離の繰り返しが多い場合も当然オイルの劣化スピードは異なります。ご自身の使用状況をスズキ販売店で相談し、確認する事をお勧めします。

日常点検の項目にもあるように、エンジンオイルは定期的に量や劣化具合を確かめることが重要です。もし自身で劣化具合が分からない場合は点検時やスズキ販売店に出かける時に併せてプロに見てもらうと良いと思います。

定期交換部品の代表ともいえるエンジンオイルは、車の心臓部であるエンジンを動かすのに必要です。自身の使用状況にあった交換時期にオイルを交換することで車は長持ちします。スペーシアで永く安心・安全なカーライフを楽しんでください。

最後に

日常点検は頻繁にやらないといけないと思ってしまうと、面倒になってしまいます。またライト類の点検も一人の場合行うのが難しため、やらない場合も多いと思います。ですが毎日安心安全にスペーシアに乗り大切な家族や友人を乗せるのであれば、やはり日常点検は必要です。日常点検を行うタイミングを決めてしっかり行ってください。

コメント