日産デイズ購入後に異音がしたら

スポンサーリンク

前回は異臭の話をしましたが、今回は異音です。

車のトラブルには何らかの兆候があり、それは異音となって現れる場合が多くあります。

そういった異音を早めに察知することで大事にいたる前に対処することができます。

今回はそんな異音から診断できる車のトラブルについて紹介します。


・「キンキン、カンカン」という金属音
冷却水不足によるオーバーヒートの末期症状が疑われます。
もっと高音の「カリカリ」音は初期症状。

・アクセルを踏み込むと「ゴロゴロ」と重たい音
オイル不足によって、エンジンの金属部分(コンロッドメタルとクランクシャフト)の摩擦でメタルが溶け出したケースが疑われます。

・「ガラガラ」といった、とてもカン高い音
水冷エンジンを冷却するのに重要な役目を担っているウォーターポンプのベアリング部分が故障が疑われます。

・エンジンから「バスンバスン」音
点火プラグのどれかが点火せず、作動していないシリンダーが疑われます。
プラグコードやイグニッション系が濡れていると失火が起こることもあります。

・エンジンの回転を上げると「バラバラ」とこもった感じの音
マフラー(消音器)の腐食、破損などによる排ガス漏れが疑われます。

・エンジン回転数を上げると「キュルキュル」音
エンジンルーム内のベルト類の緩み、滑りなどが疑われます。

・走行中に連続する「ゴー」音
動力伝達系のトラブル。ベアリング類の磨耗、もしくはパワステフルードが不足している場合などが疑われます。

・ブレーキを踏んだ時の「キーキー」音
ブレーキパッド(ディスク)、ブレーキシュー(ドラム)の減り(磨耗)が疑われます。

・段差を乗り越えた時、「ゴグーン」音
ショックアブソーバー(緩衝装置)の劣化。タイヤの空気圧不良がが疑われます。


いかがでしたでしょうか?
もし、こういった異音に気づいた場合は、できるだけすぐに整備工場で点検してもらいましょう。

デイズルークス
スポンサーリンク
Spaciaをフォローする
スズキスペーシアの値引き価格情報屋

コメント